マジ!?髪が細くて切れる原因とは?

 

髪の毛の悩みとして多いのが
やはり”ダメージ”でしょう。

 

毛先が切れてしまったり
枝毛になってしまったり…
とお悩みの方が多いとは思いますが、
毛先のダメージとはまた異なった部分で

 

「最近髪の毛が細くなった気がする…」

 

なんてお悩みの方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

原因は”栄養失調”であることがほとんどなのですが
”髪の毛”の栄養が足りないか
”体内”自体の栄養が足りないか
この2パターンが考えられます。

 

これらの原因と解決策について
お話ししていきます。

 

髪の毛の栄養が足りていないパターン

 

髪の毛の栄養が足りていないという状態は
主にカラーリングやパーマなどで
髪の毛にダメージが加わることで
栄養状態が崩れていることを指します。

 

繰り返されるカラーなどによって
髪の毛の栄養がどんどん失われていくため
しっかりとケアをしてあげないと、
髪の毛が栄養失調状態になってしまいます。

 

結果、どんどんハリコシがなくなり
酷い場合だと健康な状態の
半分ぐらいの細さにまで
なってしまう人もいます。

 

人間と同じですね!

 

トリートメントなどを行い
髪の毛に人工的な栄養を与えていく、
そしてこれ以上髪の毛の負担になるような
激しいカラーなどは避けるといったケアが必要です。

 

あまり髪の毛が細く弱くなっていると、
カラー剤やパーマ剤などの薬液に
髪が耐えられず切れてしまうこともあります。

 

結果、「こういうスタイルにしたい!」
という願望も美容師さんからストップされ、
思うようにならないかった…なんていう
経験をされた方も少なくないはずです。

 

体自体が栄養不足なパターン

 

髪の毛も体の一部であり、
主成分はたんぱく質です。

 

ですので、単純に不摂生な生活をしていたり
食事が偏りがちだと、
当然髪の毛に行き渡る栄養も減ってしまうので
髪の毛がやせ細ってしまうわけです。

 

特に、たんぱく質やビタミンCを
よく摂ることを心がけましょう!

 

髪の毛や爪は、たんぱく質が
体の中で一番後に作用される場所です。

 

また、ビタミンCは驚くといった
ちょっとした行為で無くなってしまったり、
貯蓄が難しいので、一気に多量摂取しても
使われなかった余り分は
おしっことして排泄されてしまいます。

 

ですので、どちらも十分な量を補給することが
絶対的に大切になってきます。

 

精神的ストレスにも注意!

 

また、髪の毛は精神的なダメージとも
大きく関わってくると言われています。

 

例えば職場でのストレスが続いたり
女性だと更年期障害や生理不順などからくる
イライラなどなど…

 

そういった心への負担も、
髪の毛が細くなったり抜け毛の原因となります。

 

身体的にも精神的にも健康でいられれば
髪の毛の状態も良いものに保つことができます!

 

健康でストレスフリーな生活を!