人気急上昇中!話題のオイルシャンプーとは?

 

2013年ごろから徐々に市販され、今やメジャーとなっている”ノンシリコンシャンプー”。

 

2014年ごろから(個人的な感覚ですが)同じように新しいシャンプーのジャンルとして話題になっている”オイルシャンプー”はみなさんご存知でしょうか?

 

ノンシリコンシャンプーに比べて知名度は低いかな?という印象がありますがCMや雑誌などのメディアに掲載され注目を集めています。

 

果たしてオイルシャンプーとはどういうものなのか?ということを紹介させていただきたいと思います。

 

オイルシャンプー=ノンシリコンシャンプー?

一般的に売られているオイルシャンプーは、私が知っている限りでは”シリコンの代わりに天然オイルが配合されたシャンプー”がほとんどであると認識しています。

 

つまり、シリコンは配合されていないので分類としては”ノンシリコンシャンプー”であり、更にその中でも天然のオイル成分が使われているものを他のノンシリコンシャンプーと区別化するために”オイルシャンプー”というネーミングがついたのではないかと思われます。

 

オイルシャンプーのメリット

では、シリコンの代わりに天然オイルを使うことでどんなメリットがあるのでしょうか?

 

もちろん天然オイルが配合されているため、一般的なシリコンと同等、もしくはそれ以上の保湿効果があると言われています。

 

髪の毛が乾燥によって広がってしまったりくせに悩まされているという方がオイルシャンプーに変えてから扱いやすくなったという事例を耳にしたこともあります。

 

また、油性の汚れを落とす効果がとても高いことで有名です。

 

女性の方は想像しやすいと思いますが、メイク落としのクレンジングオイルやメイクアップリムーバーを想像していただけるとわかりやすいかもしれません。

 

オイルの力で、油性のメイクを落としていくイメージですね!

 

オイルシャンプーのデメリット

ここまでの説明では、デメリットが全くないように感じる方が多いのではないでしょうか?

 

先ほど、クレンジングオイルやメイクアップリムーバーのように汚れを落とす効果が高いと記述しましたが、オイルのメイク落としってなかなか落ち切らず肌がオイルでベトベト…となってしまう女性の方、とても多いのではないでしょうか?

 

やはり、油系の成分は水をはじくのでオイルシャンプーも同様にしっかり流しても髪や地肌に残りやすいという傾向があります。

 

いくら汚れが落ちているとしてもシャンプーが髪の毛に残り続けてしまうのはもちろんよろしくありません。

 

また、オイルシャンプーは、シリコンシャンプーに比べ髪の毛をコーティングする力が強いです。

 

そのため、カラー剤やパーマ液が髪内部に浸透するのを阻害してしまう恐れがあり、綺麗に発色しなかったりパーマのかかりが弱くなったり…ということも充分考えられます。

 

オイルが残留する量などはもちろんその人のそもそもの髪質やダメージ具合などによって個人差はあるので絶対にカラーやパーマの効果が薄くなるとは言い切ることはできませんが、一般的なシリコンに比べて髪の毛を良くも悪くもよりコーティングするということを認識した上でお選びいただければと思います。

 

結局は自分に合ったシャンプーを選ぶのが大事!

ノンシリコンシャンプー、オイルシャンプー以外にも特徴や成分によってたくさんのジャンル分けがあるので「こういうものはこの定義に当てはまるからコレ!」というのが曖昧で難しくなってきていますので、”○○シャンプー”というカテゴリー毎で使うものを選んでいくというよりは自分の髪質や頭皮の状態を理解した上でシャンプー個々の特徴を把握した上での使用をおすすめします!

 

担当の美容師さんと相談されるのが一番手っ取り早くて確実だと思います!